アニマルコミュニケーションとのご縁

posted in: AniCommu, Blog, うちのにじぐみ | 0

いつもお付き合いありがとうございます!

今日はアニマルコミュニケーションに興味を持たれている方々のお話
ではなく、私のことです。

アニマルコミュニケーションとの縁~

そのきっかけとなるお話です。
2000年秋に最初の猫を亡くし
長い間 心の中で引きずっていました。
一緒にいる猫達にあまり良くないよねぇ・・と思いを持ちながら
2008年秋 2匹の猫の初アニマルコミュニケーションを受けました。

亡くなった猫と仲良しだった(一方的にLove)女子猫が
別れの哀しみを引きずっていることが分かりました。
8年も経っているのに!

その感情は私のせい?だけではなさそうで
パートナーを失った悲しみと絶望と困惑。 
生きる意味が分からなくなっちゃった、って、驚きました。

単に年を取って落ち着いたレディになったのかと思えた日常の様子とか
体調不安が続いたりとか 思い当たることがいくつも!
疑問や謎が解け始めたのでした。

結果を受けた時は泣けて泣けて大変でしたが
自分だけが悲しくて辛かったんじゃない
一緒にいるのに女子猫の切ない気持ちを分かってあげられなかった
自分(の情けなさ)に泣けたのです。

コミュニケーターさんにお願いした内容から少々外れまくりな
アニマルコミュニケーションでした(笑)
が、それが私達の心にひとつの区切りをつけてくれたのは
言うまでもありません。
女子猫は納得し切なさを手放し区切りとなり
私は心が救われて癒されて目が覚めたような思いでした。
そして新しい時間が始まったのでした。
・・めでたし めでたし (*´◡`*)

 

女子猫トンちゃんは、最初のアニマルコミュニケーションの
翌年に天に還りました。
明日 9回目の命日です。

トンちゃんとはいろんな思いが交差した関係でした。
アニマルコミュニケーション・コミュニケーターさんに出会えたから
お互いの心が通じ合えたんだと思います。
だから卒業を決めて還っちゃったのかな、とか
私としては、しっかり向き合えた気がして
さてこれからと思っていたのに残念でした。
迷っていないでもっと早くアニマルコミュニケーションを受けていたら
また違っていたかも?

tomo060125お転婆あばれん坊さん 0601

 

Cookie&Tomo 9508

 

その後も同じコミュニケーターさんにお世話になり
また別の方にもお世話になり
あんなこんながあったおかげで
私は今ココにいるのでしょうかねぇ(笑)
それともココは通過点なのでしょうかねぇ
どこへ流れて行くんだかアハハ

初めて触れたアニマルコミュニケーションは
感動と感謝でした。
今も同じ気持ちでいます。

最後までお読み下さってありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▼数字を入れてね *