遠くて近い猫さん

posted in: AC感想, AniCommu, Blog | 0

しばらく前にあにこみゅトークをした
今は地上ではなく虹の橋にいる子のお話。

この猫さんとは長いお付き合いで、私がACを習い始めの頃から
練習に付き合ってくれたお子のひとりです。
昨年、患っていた病気もあって地上を離れる決意を固めました。

偶然にも亡くなる直前にACをすることになって
深いお話をしてくれたと記憶してます。

そして今年、1周忌を迎える少し前にACのご依頼を受けました。
繋がりました~良かったです。

重い肉体を脱ぎ捨てた子達は本来の目的へ
なすべきことがあるんでしょうね。
結構忙しい・・・らしいとか。
生前のようにテンポ良く伝わってこなかったり
また逆に、あまり変わらずやり取りが出来ることもあります。

時間も空間も 私達の持つ概念と違う。
(元々生きていた時も時間の概念は違うんですが・・)
とても不思議に思います。

さて、この猫さん
肉体をまとった生き物時代から成長されていました。
今は肉体がないので魂(精神?)がワンランク上になったような
分かりやすく言うと、修行僧のような。

猫さんから
飼主さんへの愛と感謝の気持ちと

自分の目的は達成した

その時にどう思ったか
あの時出来る精一杯のことをした(してもらえた)
それはもうその時の思いだから・・・
・・・

それより 
お母さん 前を見て!
これからはアウトプットして
そのタイミングを失わないで

という思いが伝わってきました。

なんと心強いこと!

いつも見守ってくれているんですね・・(涙)

私達飼主が思いを巡らすこと
あの時こうだったよね ああだったよね
あの時・・・ あの時・・ 

だってもう今ここにいないんだもん。
過去に捕らわれたり拘ったりするのは人の方で
行っちゃった方は、しっかり前を見てます。

そんな迷える子羊となった飼主さんの気持ち
ちゃーんと分かっていて
飼主さんの今と未来を見てくれているようです。

未来を見守っていてくれる存在
大きな愛情をいつも傍に感じていて下さいね。


どうもありがとうございました!

飼主さんから感想を頂いています。
上に書いた猫さんの同居猫さん 
ひとりっ子になって生活はどうなんだろう 
ということであにこみゅトークをした時のものです。

今回、先住猫が亡くなってそろそろ1年経ちますので
そろそろひとり暮らしに飽きてきたのではないかと
新しい猫(子猫)を迎えることについて聞いていただきました。

結果は、
「今はひとり暮らしを満喫している」
ということでした(笑)

ただ、そうは言いながらも、日々の行動を見ていると
ひとり暮らしでは物足りなさを感じているように見えますので
また少し間を空けてからACをお願いしようと思います

 

重ね重ねありがとうございました!

 

Leave a Reply

▼数字を入れてね *