うちの子たち・・徒然

熊本地震から今夜で1週間になります。

被災地のみなさまへお見舞い申し上げます。

まだ不安な毎日ですがどうかこれ以上の被害が広がることなく

落ち着きを取り戻せるよう願うばかりです。

迷子の動物達が無事に飼主さんの元に帰れますように

一日も早く日常が戻りますように。

 

うちの猫たち。
今日は午前から雨で結構降ってまして家の中が寒い。
コタツに入り浸りです。

うちの子達は外で生まれた野良出身。
仔猫の時に我が家の裏手で大音量で鳴いているのを聞きつけ
仔猫の声には動かされるものがありますね(笑
その大音量を発していたのが今うちにいる片方の子ですが。
先代の猫達がここから卒業して間もない頃でした。

アニコミュ特訓中だったのもあり、外の子だったけれど顔見知りになって
信頼関係を築く中、うちの子になる少し前にアニコミュで語りかけてみました。

生後3~4ヶ月頃だったかな
仔猫とのやり取りって、、なかなか可笑しい
何を言いたいのかまったく出て来ない^_^; 
本ニャンは言いたいことがたっくさんあるらしいのに(笑
人間の子供と同じなんでしょうか、たくさんの感情が湧き水のように溢れてるのに
上手く言葉に出来ない、覚えたばかりの単語が出て来るだけのような(笑

湧き出る感情は伝わるんだけど、うわずってしまって
一個の意味ある言葉や感情として受け取ることが出来なくて
問いかけには
「うん うん!」と答えてはくれるけど
言いたいことが・・
「ボクね、、ボクね、、、うれしー」
「すきー たのしー」
興奮して飛び跳ねながらアピールしているような
生きるパワー ピカピカしたエネルギー 楽しさ嬉しさ
そういった感情は伝わるのだけど それ以外はよく分からない・・・
ただ毎日楽しく走り飛び回って兄弟と冒険遊びをしているようなそんなシーンが
浮かぶだけだったのを覚えています。

危機を感じました。
このままだと事故に遭ってしまいそう・・・
まずそのうわずったポップコーンみたいなヤンチャ坊主をなんとかしないと。

その後ポップコーン男子はうちの子になり他の兄弟はまだ外の子
仕事の予定が入っていてすぐに兄弟共々受け入れる準備が整っていなかったのもあり
後からもうひとりうちに入ることになりました。

その後のやり取りは月齢、年齢を追うごとに感情や言葉、イメージとして
分かる形で受け取れるようになっていきました。
経験値が上がると豊かな表現方法を身につけるものなんですね。
アニコミュで繋がる以外の、普段の日常の中でもあの手この手でアピールするように
成長し続けています。
もちろん私の声に出して話す言葉(言葉は理解しないと思いますが)にも反応します。
飼主の感情(体調)をものすごく感じ取っています。
先にうちに入った子は敏感で反応が素早いおにいちゃん(笑) 
後から入った子は甘えん坊で臆病で体は大きいけど弟、おにいちゃん頼りです。
彼らのポーカーフェイスの裏側はとても奥が深く不思議な世界だなと思います。

仔猫の大音量からもうすぐ3年。
生まれた日が分からないので5月1日が誕生日として、3歳になります。
今もやかましくドタバタと仔猫時代の延長をやっています。
いつになったら落ち着きを身につけてくれることか・・。

うちの猫たちのこと、先代猫たちのことはまた時々書いていこうと思います。

緊張興奮しやすいポップコーン「そら」と臆病駄々っ子「ヌイ」
うちの子達と話してくれる方 いないかな。
私とは違う角度からアプローチしてもらえたら・・と思うことが多いです(笑

 

Leave a Reply

▼数字を入れてね *