自尊心

posted in: AniCommu, Blog | 0

巷の子供達は夏休みなんですね~ 
通りでは賑やかな声が聞こえていました。
7月も後半ですね。 
今日は22日 毎月22日は「猫の日」
我が家は毎日猫の日。(笑)

さて。
普段 目にする可愛い動物の写真や動画、ネットにたくさんありますね。
その中には、虐待を受けて、保護された子達もいます。
保護された子達はしっかり治療を受け、里親さんの元に行くのだと思います。

 

恐ろしい目に遭った仔猫の、ほんの一部の気持ちを少し。

ケガを負い身体が一瞬にして前と違う状況になったことを
小さいながらも分かっています。

怖い思いをして大変なケガを負って
それでもよく頑張って生き抜いたこと 
強い子 いい子だよ と
言ってあげることしか出来ない(なんて無力・・)

ボク いい子なの?

と返ってきた時
感じていることに気が付きました。

自分に落ち度があったから こんなことになったのか・・・

って。

まさか!
でも、こんな風に感じてしまう子がいるみたいなんです。
ショックです、ショック過ぎます。(涙

この子はまだ仔猫と言える月齢で
普通ならキャッキャと飛び跳ねて
何を言ってるのか分からないような浮かれた年頃です。
そんな幼い子がポツリ、ポツリ、と伝えて来ました。

気持ちがまだまだ子供だからか
人に対して極端な恐怖心は根付いていないように感じたのが救いな気がしましたが
成猫だったら人を寄せ付けないでしょうね。

虐待は身体を傷つけ、自尊心を奪ってしまいます。
この仔猫のような気持ちを持つ子が他にもいるかどうかは不明ですが

もしや虐待を受けたかも? と思われるような子を保護されることがありましたら
身体の傷の治療と心のリハビリをどうかしてあげて欲しいです。

「自分を好きになること」
自身を大切に思うことに気がつきはじめると心が安定するのだと思います。

この仔猫くん 「ボク 一番カッコイイ!」 「ボクは特別な存在!」
とサラッと言ってしまえるような自信に満ち溢れたオトナ猫に成長して欲しいです。

 

うちの先代猫の話ですが
外猫から家猫に、過去にちょっとした虐待のような経験していた子でした。
当時お世話になったACさんに 自分を好きになること、自信(自分を信じる気持ち)を持つことを
うちの猫に伝えてもらったことがあります。
どのくらい救いになっていたのか今となっては分かりませんが
共感が助けになったのではないかな、と思っています。

知ってあげること、共感してあげることは
認知され受け入れてもらえること 
それって大きいことだと思います~。

今日のこの投稿は私の備忘録として留めて置きたいと思い書きました。

 

Leave a Reply

▼数字を入れてね *