やっぱりまだ猫

うちの猫達を一般的に言われる猫の生態
性質や行動なんかと照らし合わすと
やっぱり猫なんだ・・ と思うことが多いです(ねこだもの当然)。

つい最近のこと、足元が冷えるので冬用のルームシューズに履き変えて
2階から階段を下りて猫達のいる部屋へ入ると

いつもの音じゃない! 違う ソレ!
たぶんかぁしゃんだけど、、いつものかぁしゃんじゃなーい!

おぬしニセ者めー!!

ナンノコッチャ分からない混乱が起きたようで
疑いの視線を浴びせられました。

いやいや、ホラ、かぁしゃんですよ。ほら、ほら
(意味不明なポージングもしてみる)

益々疑いは晴れず・・・
距離を取られたまんま(汗

ワタシって足音が違ったという疑い??(笑

不安と疑念(恐怖に転じる可能性)を抱くと
声や姿形だけでは安心して認めてもらえない

(=¬ω¬)アヤシイニャ

もーあやしくないない!
仕方なくルームシューズを脱いで いつものスリッパと並べて置いて
チェックしてもらいながら、傍に座って口頭で説明する。
まるで容疑者が聴取を受けてる図・・
納得されてやっと無罪放免して頂きました(≧∇≦)

そらヌイ
弟を足蹴にする兄

空港のセキュリティみたいですよ!
平和と安全を守るためには妥協は許しません!
ご用命は当社が誇る優秀な検査官が
スペシャルプライスにて承ります♪
(虚構広告)

うちの2匹は野生児らしく警戒心が強く臆病なので
ちょっとしたことで非常事態宣言なのです。
こういうことが日常茶飯事の今は、

「猫の、そらとヌイ」

そのうち猫ということをふと忘れてしまうような
いつかそんな時がやって来るんでしょうね。

「そらとヌイは、猫」  

という表現になる日。

まだかまだかと待ち遠しい気持ちです、けれど。
それはそれで少し複雑な・・

いや、果たしてうちのふたりはそうなれるんだろうか
由緒正しい猫又に。
それがとても気がかり(笑

あにこみゅ(AC)トークしていると
それなりに成長が見られるし
猫であることを忘れさせる瞬間はあるにはあるんですけどねぇ。
実生活においては・・まだまだのようです。┐( ̄ー ̄)┌

 

Leave a Reply

▼数字を入れてね *